10月1日の日本酒の日ってなに?


10月1日の「日本酒の日」。

昨夜のお客様になんで?語呂とか違うでしょ~?と聞かれたので

10月は新米で新酒が造られ始め、
春先に造られたお酒が熟成して飲み頃となる「秋あがり」の時期で
日本酒イベントも盛りだくさん、日本酒が美味しい季節の到来なのです!

昭和39酒造年度まで、酒造年度は「10月1日から」と定められていて、
蔵元では「酒造元旦」として祝っていたそうです。こうした経緯から、
昭和53年に、10月1日を「日本酒の日」と決めたそうです。

秋の味覚を引き立てる、秋の日本酒

秋本番を迎える10月、早いところでは紅葉も進み、秋の美しい彩りが日本列島を覆い、天高く空気は澄み、過ごしやすい季節。食卓には海の幸、山の幸ともに秋ならではの旨み豊かな食材が並びます。
こうした秋の風情と味覚を、味ノリした日本酒がよりいっそう引き立ててくれます。

春先に生まれた新酒がひと夏を越し、適度に熟成して " 飲み頃 " を迎えるのが秋。
秋に美味しくなるお酒は「秋あがりのお酒」とも呼ばれます。秋の季節限定酒〈ひやおろし〉も、味のりしてますます美味しさを増します。

古来中国とそれに習った昔の日本の宮中では、9月9日の重陽の節句から3月3日の上巳の節句まで、燗酒を飲む習わしがあったそうです。2008年の今年、旧暦9月9日は10月7日にあたります。
ちょうど季節の変わり目でもあり、肌寒さを感じたら、ほんのりと温まる〈お燗酒〉の出番です。

秋は実りの季節。海の幸、山の幸ともに豊富な食材が出そろう「味覚の秋」でもあります。
よくできたもので、適度に熟成した今頃のお酒は、その美味しさを引き立てる味わい。
美味しい料理に、旨い日本酒、幸せな組み合わせで移ろいゆく秋を心ゆくまでご堪能ください。

隠れ家ダイニング かぐやひめ

豊橋市草間町字平東130 東和プラザ1F
TEL:0532-43-5953

instagram

豊橋の美人さん御用達の居酒屋のSNS
豊橋の居酒屋Facebook
豊橋の居酒屋Twitter

豊橋の居酒屋Googleplus
豊橋の居酒屋Line@
豊橋の居酒屋アメーバブログ

店舗情報はQRコードより

スマートフォンへ取込めます。

豊橋の居酒屋さん、かぐやひめの店舗情報QRコード